自分でできるお墓のお手入れ

1. 洗う

水で洗うのが基本です。

お手入れ用品布かやわらかいスポンジに水を含ませて丁寧にやさしく洗います。 汚れが落ちない場合は、タワシなどで擦ると取れる場合があります。また、彫刻された文字の部分など、歯ブラシが便利です。しかし、硬い石とはいえ、角や彫刻部分は、欠けやすくなっています。 決して、力任せにゴシゴシと強く擦らないように注意してください。

なお、最近は墓石(御影石)の水垢やシミが取れる専用の洗剤も、石材店や仏壇店等で販売されています。


2. 花

こまめにお花を替えましょう。

お花は枯れて見苦しくなる前に取り替えましょう。お墓が遠くてお参りできないようであれば、「定期的にお花を供えて、お掃除もしてくれるサービス」を利用することもできます。料金は、期間とサービスの内容に応じて決められているケースが多いようです。管理事務所や霊園近くの石材店でお問い合わせください。

3. 植木

植木や雑草の育ちすぎに注意しましょう。

イメージ?成長お墓の敷地に生える雑草はこまめに取り除きましょう。また、植木などがある場合、成長し過ぎないよう定期的に剪定してください。根が張りすぎると、お墓を囲んでいる石の柵やコンクリートの基礎を圧迫し、ひび割れや崩れの原因になります。


4. 雑草

お墓参りの時は、軍手などを持参すると便利です。

墓地内の玉砂利の中の草の根は、なかなか取りにくいものです。小さな鎌や軍手などを持っていくとよいでしょう。

5. 玉砂利

墓石のまわりに敷いた化粧砂利(玉砂利など)は、時間の経過により、土に沈んでしまうことがあります。

玉砂利園芸用のシャベルなどで掘り起こして目の粗いザルに入れ、 化粧砂利を洗った後に敷くと見違えるように綺麗になります。または、新しい化粧砂利を敷き直すのも良いでしょう。


墓地・霊園をお探しの方のための地域検索