気持ちの伝わる喪中のあいさつ文例集

喪中のときには、年賀状を控え「年賀欠礼(喪中はがき)」を出すというしきたりが広く行われています。型どおりの文面ではなく、相手先を気遣う気持ちをこめた「年賀欠礼・喪中見舞い」や「寒中見舞い」を出してみてはいかがでしょうか?


年賀欠礼(喪中はがき)

年賀欠礼(喪中ハガキとは)

『年賀欠礼』(いわゆる喪中ハガキ)は、親族に不幸があり喪中なので『年賀状』をご遠慮する旨のご挨拶状です。例年年賀状のやり取りをしている相手には、『年賀欠礼』の挨拶状を出しましょう。先方が年賀状を用意する前に届かなくてはいけませんので、遅くとも12月の上旬にはお送りします。

ここがポイント

(1)前文挨拶(時候のご挨拶)
(2)喪中のため年賀状を出さない
(3)良い年をお迎えいただきたい
等をきちんと盛り込んだ文章が望ましいでしょう。

年賀欠礼・喪中はがき

▲ クリックして拡大

喪中見舞い 「亡くなられた事を知っている場合」

喪中見舞い

▲ クリックして拡大

喪中見舞い

喪中の方はさびしい年末年始を過ごしていることでしょう。『年賀欠礼』をいただいたら、年賀状は控え、挨拶状をいただいた御礼のお返事を出すと丁寧です。

ここがポイント

(1)ご挨拶状をいただいた御礼
(2)ご遺族がさびしい新年を迎える事への慰めと励まし
(3)こちらからも年賀状を遠慮させていただく
旨を記しましょう。

喪中見舞い 「亡くなられた事を『年賀欠礼』で始めて知った場合」

喪中見舞い

年賀欠礼で亡くなられた事を知った場合、どのような返事をだしたらいいのか困ってしまうものです。喪中見舞いできちんとしたご挨拶をするようにしましょう。

ここがポイント

(1)ご挨拶状を頂いた御礼と、ご不幸を知らずに居た失礼をお詫び
(2)お悔やみの言葉と慰めや励まし
(3)こちらからも年賀状を遠慮させて頂く
旨をお伝えします。

喪中見舞い

▲ クリックして拡大

寒中見舞い

寒中見舞い

▲ クリックして拡大

喪中見舞い

年末に親族にご不幸があったために『年賀欠礼』を出す余裕がなかったり、『年賀欠礼』を出さなかった相手から年賀状を頂戴してしまった時には、お正月が明けた段階で『寒中見舞い』を出します。

ここがポイント

(1) 年賀状を頂いた御礼
(2) 喪中であった為に年賀状を出せなかったこと
をお伝えします。


お問い合わせ