霊園・仏事の知っ得コラム

お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

お盆の基礎知識≪その3≫

2017年6月24日 10:00   |   コメント (0件)   |   トラックバック (0件)

今回は、お盆についてのよくある質問をまとめました。

Q. お寺様にお経をあげていただいたお礼はどうしたらいいですか?

A. 茶菓でもてなし、「御布施」をお渡しします。
御布施の金額は、日頃のお付き合いやお寺にもよりますが、棚経で5千円から1万円程度、新盆供養として別途法要をする場合は2万円~3万円程度包む方が多いようです。
棚経については、お寺によっては一律で金額が決まっていることもあります。
新盆供養の際には、「御車代」や「御膳料」も別途お渡しします。


Q. 新盆のお宅にお参りに行きます。何を持っていけばいいですか?

A. 新盆の法要に招かれた場合には、通常の回忌法要と同じように、お一人で出席の場合1万~2万円、ご夫婦で出席の場合は2~3万円程度を「御仏前」としてお包みします。
法要への出席でなくご自宅へお参りする場合には、5千円~1万円程度でよろしいでしょう。御仏前ではなく、菓子折りや線香、盆提灯といった御供をお渡ししても構いません。


Q. マンションに住んでいるので、迎え火や送り火が焚けません。

A. マンションのベランダで焚くと、火災報知器が作動したり煙でご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。
管理規定を確認の上、居住者共有の庭やエントランス、玄関のたたきなどでごく小さく焚いたり、火を焚く代わりに盆提灯を吊るしてはいかがでしょうか。


Q. 盆飾りや提灯などは処分してもいいのでしょうか?

A. 新盆のときだけ飾る白提灯や、まこも、キュウリやナスの牛馬などのお盆用品は、かつては自宅で燃やしたり川に流したりしていましたが、現代ではそれも難しくなっています。
通常のごみとして処分して構いませんが、気になるようなら他のごみとは別の袋に分けたり、紙に包んだりして処分してはいかがでしょうか。
絵柄のついた提灯は、新盆のとき以外も毎年飾ります。お盆が終わったら、ほこりを落として、部品をきれいに拭き、防虫剤を入れてしまっておきましょう。

よくあるご相談は、仏事Q&Aでも紹介しています。
また、お電話(0120-111-308 年中無休 午前9時~午後8時00分)でもご相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

syouryouma.jpg

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集