霊園・仏事の知っ得コラム
お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

本当にお墓はいらないですか?お墓を建てるメリット

2018年3月 3日 10:00   |   コメント (0件)   |   トラックバック (0件)

最近、「私はお墓はいらない、合葬墓(永代供養墓)や散骨でいいかも」といった声も聞きます。
理由を伺うと、「子供に負担をかけたくない」「将来お墓を継承する人がいない」といったことが多いようです。
お墓の管理やお墓参りなどで子供に負担をかけたくない......ということですが、仮にそうした事が負担だとしても、それ以上にお墓がある事のメリットは大きいと思います。

まず既にお墓があれば、子供さんが新たにお墓を探して用意する必要がありません。相続税の点でも助かることはよく知られています。

ただそれよりも大切な事は、<お墓はご先祖や故人の為にあるというだけでなく、今を生きている私達の為にある>という事だと思います。

生きることは多くの悩みを抱える事でもありますが、なかには誰に相談しても解決のしない問題にむかう時もあると思います。
そうした時ある人の話では、久しぶりに両親のお墓を尋ね、お線香をあげながら心の内で語りかけていると少し心が晴れて、悩みにも前向きに立ち向かおうと思えるようになった、という事でした。
私自身、かつて答えのみつからない悩みがあった時に、いつの間にか父親のお墓の前に立っていた事があります。
年齢を重ねると、どうしてもこの世で一番自分の事を思っていてくれた存在が、先に逝ってしまいます。そして何歳になっても、どうしようもない孤独感におちいる事もあります。そうした時に、大切な人の眠っているお墓の前に立つと、他の何にも代えられない安堵感に包まれるのです。
子供の為というならば、自らがこの世に居なくなった後の「子供らの心の拠り所」とも言えるお墓を残してあげたいと思うのです。7c9832757020abaac713f1981b021bd6_s.jpg

また、少子化の昨今、将来お墓の継承者がいないと言われる方も多いと思います。
ただそうはいっても、自分が元気なうちはご両親の供養を続けたいと思う方は多いと考えます。

そこで最近は、「永代供養付のお墓」や「墓石付の永代供養墓」という形式も増えています。
これは例えば、墓石を建てご両親のお遺骨を納骨し、以降は普通にお墓参りもでき墓前での法要も可能なお墓です。そして将来お墓をみる方がいなくなった時に(例えば33年間という期間を過ぎたら)、霊園が責任をもってお遺骨を永代供養墓に移し、墓石の撤去もしてくれるというものです。以降の供養は霊園が行ってくれるというものです。
また、子供が娘さんしかいなく皆他家へ嫁がれてしまっても、契約の間は普通にお墓に埋葬し、娘さんもご両親のお墓にいつでもお墓参りができます。(多くの場合、申し出があればその契約期間の延長もできる所が多いようです。)
そして将来お遺骨を永代供養墓に移したり墓石を撤去したりは、霊園が行ってくれるので娘さんやお孫さんに負担はかかりません。ansin.jpg

お電話で「お墓はいらないかも?」と合葬墓や散骨のご相談をいただくとき、お答えしながらも、もう一度「本当に必要ありませんか」とお伺いしてしまいます。
現代は、こうした新たなご要望に対応して、昔には無かった新しいお墓の形式も次々に生まれていますので。

「将来安心!永代供養制度のある霊園」をご紹介しています★

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集