霊園・仏事の知っ得コラム
お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

塔婆供養ってなんですか?

2018年7月28日 10:00   |   コメント (0件)

浄土真宗以外の宗派では、お盆や春秋彼岸、年忌法要などのときに、経文や題目、戒名などを書いた細長い板を墓石の後ろに立てるしきたりがあります。
これを『卒塔婆(そとうば)』または『塔婆(とうば)』と言います。touba.jpg

『塔婆』は古代インドのサンスクリット語で「塔」と言う意味の『ストゥーパ』がなまって『ソトウバ(卒塔婆)』→『トウバ(塔婆)』となったものです。

インドでは、お釈迦様のお骨をお弟子さん達が分けて各地に埋葬し、その上に塚(塔)を建て供養したのが始まりだと伝えられ、その塔がのちに変化して五輪塔になり、簡略化されて「卒塔婆」になりました。
卒塔婆に5つの刻みがあるのはこの五輪を表したものです。gorintou.jpg

では、私達がなぜ塔婆を立てるのか?・・・というと、
仏教では宇宙の全てが「地・水・火・風・空」の5つの要素で構成されているとされ、人もこの5つの要素で生かされていると説かれています。
ところが一方で、体は滅びてしまっても生命だけは宇宙の中で離合を繰り返して(生まれ変わって)永遠に生き続けるのだとも説いています。

そこで遺された私達は、塔婆を立て、お経をあげていただく事によって、亡くなった人たちが成仏できますようにと祈るのです。

大切な人との別れは辛く哀しいものです。でもせめて次の世では幸せな所に生まれ変わって欲しいと願い塔婆を立てます。
『塔婆供養』とは、そういった想いがいっぱい詰まった「贈り物」をお送りする宅配便のようなものではないでしょうか。touba2.jpg

意外と知らない?お墓の基本的知識をまとめました!
★スマートフォンの方はこちら★
★PCの方はこちら★

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集