霊園・仏事の知っ得コラム
お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

古代のお墓「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に!

2019年8月10日 10:00   |   コメント (0件)   |   トラックバック (0件)

毎日猛暑が続きますね。日中だけでなく、夜でも水分補給や温度調節に注意しないといけない様です。
もう昔の様にうちわを持って夕涼み~では、過ごせなくなりました...

さて2019年7月23日、「百舌鳥(もず)・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されました。古墳...すなわち古代のお墓が、今 脚光を浴びていますね。
こうした古代のお墓は、5世紀~6世紀頃、全国で当時の豪族達によって造られたと言われます。
そして日本には、円墳や前方後円墳などの古代のお墓が(すでに崩されてしまったものも含め)約16万基!もあるそうです。
特に兵庫県や鳥取県や京都府などに多く、続いて千葉県や岡山県や広島県が多いと言われます。

実は私の知人の住む埼玉県にも古墳が約3100基もあり、なかでも行田市にある「さきたま古墳公園」はとても整備されていて、誰でも古代の日本に触れ親しむ事ができます。
実際に前方後円墳に登る事も出来ますし、稲荷山古墳より発掘され話題になった国宝「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」も「さきたま史蹟の博物館」に展示されていて、見学する事ができます。
多くの古墳が崩されその土を取られてしまった中で、稲荷山古墳は少し崩されるも、土もとられず田畑にもされず、奇跡的に盗掘もされずに残ったと言います。
そのおかげで世紀の大発見といわれる国宝「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」が発掘されました。inariyamakohun.jpg

思えば、今回世界文化遺産に登録された「百舌鳥(もず)・古市古墳群」も、多くの人が住む都市の真ん中で現代までその姿を留めてきたのは奇跡のようです。
長い歴史の中では何度も大きな戦乱もありましたし、また現代の経済優先の社会では開発の名のもとにその姿を変えさせられる事もあったと思います。
今回の世界文化遺産登録のニュースで知りましたが、実際に戦後そうした危機もあったと言います。
そしてその時、大阪・堺の地元の方々が懸命に守って下さったという事です。
そうした方々の努力があってこそ、私達は今もその姿を見る事ができ、今回のような世界文化遺産登録という喜びにも出会う事ができました。

全国で、今も伝承され守られている多くの古墳は、色々な理由もあるかと思いますが、
やはり一番は(たとえ埋葬されている人が不明でも)故人が眠るお墓というものへの祈りの気持ち・供養の思いが私達日本人に残っているからだと思うのです。
今回の登録の喜びの中で、しみじみとそう感じました。

★暑い季節...『霊園・お墓調査員現地レポート』で自宅で霊園見学はいかが?★

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集