お墓・仏事の知識

お墓・仏事のハウツーまとめ

お墓や仏事のことはいざという時にわからないことが多いものです。もしもの時にあわてないために役立つお墓・仏事の知識をもしもドットネットスタッフがまとめました。

葬儀が終わってから法事まで。迷わないためのリスト

葬儀も終わって、ほっとひと息。ですが、まだまだやるべきことは残っています。葬儀が終わってから、法事まで。知っておきたい事柄をまとめました。

続きを読む >>

お葬式の準備で慌てないために。知っておきたい10のこと

葬儀は、事前に準備をしておくことが難しいため、どうしても慌ててしまうものです。大切な方がお亡くなりになり気持ちが落ち込んでいる時なら、なおのこと。そこで、いざという時に役立つ10のトピックスをまとめてみました。

続きを読む >>

家族葬の費用相場

家族や親族、親しかった友人など、故人と直接面識があり親しかった方々が集まる「家族葬」。故人とゆっくりと別れの時間を過ごせることもあり、近年注目されている葬儀の種類のひとつです。ここでは家族葬の費用相場についてご紹介します。

続きを読む >>

生前葬の費用相場を知りたい

自分の意思で葬儀を行い、それを見届けるためや、お世話になった方々や疎遠となっている人にも直接会ってお礼が言いたいなどの思いから、本人が生きているうちに行われる葬儀が「生前葬」です。

続きを読む >>

葬式のお布施、知っておくと安心。

お葬式や法事のとき、読経等の儀式を依頼したお寺にお布施を包みます。金額は決まっていないことが多く、親戚などに聞けない場合はお寺に直接問い合わせるのが一番ですが、参考までに、だいたいの目安をご説明します。

続きを読む >>

遺影写真、生前写真として残す

お別れのとき、人々の記憶に残る遺影写真。いざというときに、最も自分らしく輝いている写真が使えるように、生前に遺影を撮る人が増えています。家族の宝物になる、とっておきの1枚を用意してみませんか。

続きを読む >>

手元供養グッズで故人を肌身離さず

お墓とは別に、自宅などの身の回りに遺骨を置き、いつも身近で故人を偲ぶ「手元供養」。近年注目を集めているこの手元供養には、そのためのグッズも用意されています。ここではそうしたグッズをご紹介します。

続きを読む >>

家族葬の香典で注意するべきポイント

近年、「家族葬」が増えています。周囲に気を遣わず、親族だけで故人を送ることができるのが魅力ですが、厳密なルールがないので、それぞれの思いが異なってしまうことも。ここでは、家族葬の香典について注意すべきポイントをお話します。

続きを読む >>

葬儀の流れで要注意!葬儀でよくある間違い

突然の身内の不幸。気が動転して、普段なら考えられない間違いをしてしまうこともあります。ここでは、実際に葬儀でよくある間違いをご紹介するので、ぜひ心に留めておいてください。

続きを読む >>

供物のお供えの方法

お墓参りの際にお花や故人が好きだったものを供物としてお供えすることは広く一般に知られています。しかし、そこには気にしておくマナーもあることは意外と知られていません。ここではそんな供物についてご説明します。

続きを読む >>

骨壺って実は色々ある。骨壺の選択肢。

故人の遺骨を集めて納めるための壷である「骨壷」。ここでは、そうした骨壺のサイズの違いや、予算や目的による選び方、そして分骨する際の準備についてご紹介します。

続きを読む >>

葬儀社への御礼の仕方

喪主にとっては非日常の葬儀にまつわるあれこれを請け、代行してくれる葬儀社。そんな葬儀社について、担当者への感謝の気持ちなど御礼として金銭等を渡す「心づけ」を渡すべきかどうかということを悩まれる方も多いようです。

続きを読む >>

葬儀の服装を考える中で知っておきたい数珠のこと

葬儀時に身につける服装の中で数珠は、もともと珠を繰りながら念仏の数を数えるために用いられていたため、念珠とも呼ばれます。葬儀でも使う最も身近な法具ですが、どんな種類があり、どうやって使うべきなのか、意外と知られていないのではないでしょうか。

続きを読む >>

家族葬に香典は必要?

直接故人と面識のない方には連絡をせず、家族や親族、親しい知人友人のみが参列する「家族葬」。ここでは、この家族葬に参列する際の香典についてのマナーや相場感をご紹介します。

続きを読む >>

祭壇の選び方ってどんなものがあるの? 

故人を祀る象徴であり、お葬式の中心となる祭壇。故人にとって理想の浄土をイメージするものなので、単に見た目が豪華なもの、高価なものがいいというわけではありません。故人の性格や親族の考え方に最も合うものを選びましょう。

続きを読む >>

葬儀の香典の相場感と香典袋の選び方は相手によって違うもの?

服装と同じくお葬式にまつわる悩みのひとつが、葬儀香典の相場。そんな、気になる葬儀の香典の相場感や香典袋のルールをご紹介します。

続きを読む >>

遺骨を自然に帰す「散骨」をしたいなら

散骨とは「遺骨を墓地に埋葬しないで、山や海などにまくこと」。お骨を自然に帰すお墓の新しい形『自然葬』の1つとして挙げられ、近年注目を集めています。ここではその注意点や別の方法もご紹介します。

続きを読む >>

供花は葬儀が終わったらどうする?

葬儀の際などに、故人にお悔やみの気持ちを込めてお花をお供えする「供花(きょうか)」。生花祭壇や、祭壇の隣に「親族一同」等書かれて飾られているお花のことです。

続きを読む >>

お葬式の服装と法事の服装は同じでいいの?

お葬式に服装のマナーがあるのは常識ですが、その他の法事のときの服装はどうすればいいのか疑問に思われている方は少なくないかと思われます。ここでは両者の服装マナーをご紹介します。

続きを読む >>

はじめてでも迷わない。仏具の購入の仕方

仏壇を装飾し、荘厳にする「仏具」。主な仏具としては香炉(線香立て)や、燭台、花立て、茶湯器、仏飯器などが挙げられます。またよく知られているものとしては、木魚も仏具のひとつとして数えられます。

続きを読む >>

知っておきたい葬儀費用の相場

お葬式の際に避けて通れないのが葬儀費用。形式、規模、会葬者数によって大きく変動するため、予算に合うよう調整を加えて、全体でいくらかかるのかを考えるようにしましょう。

続きを読む >>

生前に遺影を残すためにやっておくべきこと

葬儀の際に故人を偲んで飾られる写真「遺影」。従来は白黒の写真が多く、フレームも黒が基本でしたが、近年はカラー写真や色付きのフレームが使われることが増えています。

続きを読む >>

葬儀だけじゃない。セレモニーホールのつかい方

「セレモニーホール」に厳密な定義はありませんが、一般的に大型の葬儀場を指すことが多いようです。また多くのセレモニーホールは特定の宗教だけの利用だけでなく、幅広い宗教に対応している傾向も広く見られます。

続きを読む >>

覚えておくべき葬儀から終了後7日間までの流れ

ひとことで「お葬式」と言っても、信仰している宗教によって様々な流れがあります。ここでは一般的と言われる仏式による葬儀と、葬儀終了後から7日間の流れについて説明します。

続きを読む >>

お布施についてご存じですか?

お布施は、お葬式や法事のときに、読経をはじめとする儀式でお世話になった謝礼として、お寺に渡すものと捉えられています。しかし本来は、「布施業」という仏教徒の大切な修行のひとつ。僧侶が仏法を説く「法施」、人と笑顔で接する「和願施」などいくつか種類があり、必ずしも金品を贈ることだけが布施ではないのです。

続きを読む >>

マイケル・ジャクソンの遺体にも使用したエンバーミングとは

エンバーミング(embalming)とは、故人を生前の姿に近づけ、長期保存するための科学的な技術です。その歴史は古代エジプトのミイラに始まり、アメリカの南北戦争で戦死者の長距離輸送が行われたことをきっかけに、広く普及したと言われます。

続きを読む >>

もしものときに迷わないために。知っておきたい香典返しのあれこれ

香典返しでなにを贈ればいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、香典返しのキホンについてご紹介します。

続きを読む >>

間違えのない喪中はがきの出し方

喪中はがきというと、自分が喪中であることや、不幸があったことを知らせる訃報の連絡というイメージがありますが、正式には「年賀欠礼状」と言い「喪中のため、今年は新年のお喜びをお伝えできませんので、失礼いたします」という趣旨の挨拶状のことです。

続きを読む >>

法事ってなに? という方にもわかりやすい準備と流れ

法事とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事。一般的には、亡くなってから四十九日目が忌明けとされます。四十九日を過ぎると年忌法要となります。

続きを読む >>

ライフスタイルに合った仏壇の選び方

「家の中のお寺」とも言われる仏壇。その起源は、685年に天武天皇が出した「家ごとに仏舎を作って仏像・経巻をおき、供養すべし」という勅令にさかのぼります。豪華な飾りは、寺院の内陣を模したもの。内部には本尊と位牌(※1)をおさめ、先祖を祀り対話をする場として大切にされてきました。

続きを読む >>

最近のバックナンバー

らくらく霊園検索サービス