霊園・仏事の知っ得コラム
お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

お墓の状態、気がかりですね!

2018年4月14日 10:00   |   コメント (0件)   |   トラックバック (0件)

花粉が多く飛ぶこの時期、花粉症でつらい思いをされている方も多いのではないでしょうか?
この時期は、花粉だけでなく黄砂なども多く飛んでくるためお墓の汚れも気になります。

外にある墓石は耐久性があるとはいえ、長い間日差しや風雨などにさらされていれば、汚れたり、壊れたりしていくものです。

まめに掃除していても、沈着した黒ずみや変色などはなかなか素人の手で落とせません。
特に、彫刻部分や石と石の接合部分などの細かい箇所や、花立て、水鉢の水アカ、階段にこびりついた苔などを取り除くのは大変です。
また、年数が経ってくると、汚れだけでなく、所々補修が必要になります。

よくみられるのは次のようなケースです。
◆石と石の間の目地切れ
 一番多いケースです。見た目が悪いだけでなく、放置すると苔や雑草の温床ともなりますし、ヒビ割れた目地の間から雨水などが入ることもありますので、早めに手当てしましょう。0414.jpg

◆墓石のヒビ・キズ
 墓石のヒビ割れや傷は早いうちなら修復することは可能ですが、大きくなると、棹石を新しくしなければならないこともあります。mezi.jpg

◆植栽
 植木が育ちすぎて地中に根を張りすぎると、石碑を圧迫し、ヒビが入ったり周辺の墓地にも影響が出る場合があります。

自分で汚れを落とせない場合は、石材店に頼んでクリーニングしてもらいましょう。
また、石碑のひび割れや傷は早めにお墓を建てた石材店に補修を依頼しましょう。

お墓は、大切な故人が眠る場所でもあり、子孫に受け継いでいくものです。普段からお墓のケアをしておきたいものですね。
「自分でできるお墓のお手入れ」の方法をチェック★

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集