富士見メモリアルガーデン(埼玉県)の調査員現地レポート

富士見メモリアルガーデン(埼玉県)

2013年10月31日


本日、見学に向かうのは英国風ガーデニングスタイルを取り入れた
富士見メモリアルガーデン
数々のガーデニングフェア(西武ドームで開催の国際バラとガーデニング等)で
受賞暦を誇るイギリス人デザイナー、マーク・チャップマン監修の霊園ということで、
大いに期待して行って参ります。

0000000358-131015-1.jpg

こちらの霊園は車での来園にはとても便利な場所にあり、道路の要所には
大きな看板があるので、迷うこともなく安心です。
0000000358-131015-2.jpg

道路から見た霊園入り口

0000000358-131015-3.jpg

霊園入り口の看板

0000000358-131015-4.jpg
管理棟正面(明るいオレンジ色)の駐車場は広く95台駐車出来ます。
お盆やお彼岸など利用者の多い時期のお参りでも安心ですね。

0000000358-131015-5.jpg
管理棟施設は全面ガラス張りの吹き抜けになっていて、まるでゴルフ場やテニスの
クラブハウスのようなデザインです。
雨傘や、給茶機、車いすも設置されており、案内版や、印刷物などは
全て文字が大きく表示されています。高齢の方への配慮や、来園者への心遣いなどが
すみずみまで行き届いているのが嬉しいですね。

0000000358-131015-6.jpg
ゆったりとしたくつろぎのスペース。お参りの後、ほっと一息できますね。

0000000358-131015-7.jpg
二階には法要が出来る会食室が二部屋あり、それぞれ30名までご利用できます。
また、僧侶のための控え室や配膳室も完備され、室内は椅子も照明も他とは一味違う
落着いた格調の高さを感じさせます。
施設内のエレベーターは音声で案内されており、細かいところまで心配りされています。
0000000358-131015-8.jpg
全面ガラス張りの法要室内からは、園内が一望できます。
0000000358-131015-9.jpg
園内の墓域は手入れが行き届いて、とても明るく綺麗です。歩いていると一瞬霊園だと
いうことを忘れそう。
こちらのガーデニング墓地は吸水性に富んだ構造になっていて植栽が枯れにくく
四季折々いつでも美しいガーデニングを楽しめるそうです。
0000000358-131015-10.jpg
ゆとり墓地は、お隣との境界に玉龍が植えられており、季節の花で彩られています。
素敵なデザインのお墓も数多くあり、建てられた方の想が伝わりとてもあたたかい
気持ちになります。

0000000358-131015-11.jpg
ゆったりとした園内!草花に彩られた休憩スペースは女性に好評のようです。

0000000358-131015-12.jpg
富士見メモリアルガーデンはびん沼川のほとりに位置していて、周囲には大きな建物もないので、視界は
広くて平坦、日当たり、風通し最高!
見学した日は、時折雲の合間から青空が見えるような曇りのお天気でしたが、
晴れた日には、富士山も見えるそうです。

0000000358-131015-13.jpg
管理棟近くにある永代供養墓「彩雲」です。

0000000358-131015-14.jpg
「彩雲」は一般のお墓と同じように、お骨壷のままの状態で納めることができ
銘板表示によって、個人のお名前や年齢なども彫刻され埋葬場所を確認できます。
生前にご夫婦で求められている方も多く、時代に合わせた、新しいかたちの永代供養墓
ですね。
0000000358-131015-15.jpg

00000358-131015-16.jpg
花立てや手桶などもおしゃれですね。

富士見メモリアルガーデンは写真からもお分かりのように、
その名称の通り、さまざまな種類の植栽が年間を通して咲き誇り
墓所のバリエーションが豊富で、細やかな心遣いが感じられる霊園でした。
ぜひ一見の価値ありです!