霊園・仏事の知っ得コラム
お墓・仏事のコンサルタントが綴るコラム。

お盆の用意はお済みですか?【今どきの盆提灯】

2018年6月 9日 10:00   |   コメント (0件)   |   トラックバック (0件)

先日、近所の仏壇店の前を通ると、さまざまな盆提灯が飾られていました。

お盆は、亡くなった人の霊があの世から帰ってきて、家族と共に過ごすという、日本の伝統行事です。
地域によってお盆の時期はまちまちですが、7月15日を中心に行う地域と、8月15日を中心に行う地域に大きく分けられます。

お盆につきものの盆提灯。提灯の灯りを目印に故人の霊に帰って来てもらい、絵柄の付いた華やかな盆提灯で慰めるという意味があります。
一般的に、盆提灯は親族や知人などから贈られるほか、家族も用意します。

昔は仏間のある家も多く、大きな仏壇が置かれているという光景もみられましたが、近年は、洋間やリビングなどに仏壇を置く家庭が増え、洋風で場所をとらない上置き型のものが人気のようです。
そのため、盆提灯もデザイン性が高く、インテリアとも合うような創作提灯も多く販売されています。tyoutin.jpg

本来は、火を入れて灯す提灯ですが、燃えやすい素材だけに火の元が不安です。
最近は、提灯だけでなく仏壇のローソクや線香にも電池式のものがあり安心です。また、節電効果の高いLED電球を使ったものも販売されています。senko.jpg

盆提灯を贈る場合には、お盆の前に届くように手配します。
新盆の場合は、早めに準備を済ませることが多いので、遅くともお盆の月に入ったらすぐに届けることができるように、余裕を持って考えておくと安心ですね。

もしもドットネットでは「盆提灯を飾るスペースがない・・・」「お盆のお経の御礼と接待はどうしたら?」といった、お盆のQ&Aをご紹介しています。
★スマートフォンの方はこちら★
★PCの方はこちら★

コメントをお寄せください

最近のバックナンバー

高浜 加代子

プロフィール

高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

バックナンバー

月別バックナンバー

Twitter mosimonet

『霊園・仏事の知っ得コラム』開設記念読者プレゼント

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログへ

メールで仏事相談

らくらく霊園検索サービス 詳しくはこちら

専門アドバイザーが、お客様のご希望に合う霊園を電話一本・無料でお探しするサービスです。

無料相談0120-111-308受付時間/9:00~20:00

メールで相談する

公営霊園特集2012

お墓について

  • お墓探しのポイント
  • お墓の探し方
  • お墓の建て方
  • お墓の基本的知識
  • 霊園比較ランキング
  • 永代供養墓
  • 樹木葬

霊園・墓地ご成約プレゼント実施中!商品券10,000円分

Facebookもしもドットネット公式ファンページ

もしもドットネット公式Twitterアカウント

石材店様募集