霊園・仏事の知っ得コラム

もしもスタッフ連載

3月20日は春分の日。春のお彼岸は3月17日~23日ですね。

2020年03月20日

早いもので今年も春のお彼岸の季節となりました。
この時季になると、「お彼岸だけど何をしたらいいですか。」とか「お彼岸とはどんな行事ですか。」といったご相談をいただきます。

「彼岸」とは仏教の教えで、迷いや苦悩のない境地・理想が達成された世界の事をいいます。
彼岸の反対は「此岸(しがん)」で、煩悩(ぼんのう)に振り回され悩み苦しむ世界(心)の事をいいます。
この「此岸」が私達の住む世界ですね。
春と秋のお彼岸の時、私達は彼岸へ渡れる事を願い、極楽往生できる事を祈って、お寺にお参りいたします。
そして自分だけでなく、ご先祖様も皆彼岸へ渡れて極楽往生できるようにと願い、お墓参りをするのです。
仏教が伝わった国々の中でも、日本だけがこうして春と秋のお彼岸にお墓まいりをして先祖供養を行っています。
ご先祖が救われて、はじめて私達も救われると考えての事でしょう。

また春分の日と秋分の日に行われるようになったのは、春には田植えをし豊作を願い、秋にはぞの実りに感謝をして自然や田の神様やご先祖様に祈りを捧げてきた~、そうした昔からの習慣が仏教の教えと一緒になり伝わったとも云われています。

お彼岸では、お寺にお檀家さんが集まり皆さんで先祖供養を行う「彼岸会」が開かれます。
普段はお寺に行くことが少ない方も、こうした機会にぜひ参列してみて下さい。
またお付き合いのあるお寺がない方々も、普段より少し多めのお供えを用意して家族親族でお墓参りをします。

お彼岸は、他の行事に比べて特別な儀式や決まりがある訳でもないのに、大昔から現代に至るまでずっと続いている「感謝と祈りの大切な行事」です。
私には~ご先祖様がいつもより身近に感じられる~、お彼岸とはそんなひとときに思えるのです。

profile
高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

高浜 加代子