霊園・仏事の知っ得コラム

もしもスタッフ連載

お墓の費用~「年間管理費」について。

2020年04月18日

先日はお墓にかかる費用の中の墓地永代使用料と墓石工事費について触れましたが、今回は、「年間管理費」について少しお話しさせていただきます。
「管理費」は、ほぼ全ての霊園で必要となります。また寺院墓地では「護寺費」などと言われる事もあります。
その使い道は、皆様がお墓参りの時に使われる休憩所や水道設備等の維持費や、また参道の整備や植栽の手入れ等、多岐にわたります。
ただご注意頂きたいのは、霊園では個々のお墓の敷地内のお掃除等は致しません。
それは其々の家の方が行うものだからです。供花や雑草や古いお塔婆等の片づけには「管理費」は使われません。
ちょうどマンションですと、階段や廊下など共有部分の掃除等は管理費で行いますが、個々の家の中のお掃除はしないのと同様のことです。
そして霊園の管理費は、お墓の区画の広さによってその金額も異なる事が多いですね。

また寺院墓地ではこうした年間管理費(護寺費)の他にも、お寺で行われる様々な仏教の行事の際に幾らかの「お布施」をおさめる場合があります。
これはお寺が皆様のご先祖や故人の供養を行って下さる「菩提寺」となるからです。
そのため皆様は「お檀家」となり、菩提寺を守っていかなくてはなりません。
お寺はお檀家のお布施のみで成り立っているとも言えるのです。
このように寺院墓地では、年間管理費(護寺費)の他に「お布施」や「寄付(志納金)」等をお支払する事があります。

霊園見学では、区画や価格以外にもこうした管理費をはじめ様々な事を聞けるチャンスです。案内の石材店の人になんでもご質問してみて下さい。

profile
高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

高浜 加代子