霊園・仏事の知っ得コラム

もしもスタッフ連載

「墓じまい」のよくある質問

2024年02月10日

20240210.jpg

墓じまいについて聞かれることが多い項目をまとめてみました。

1)いくらかかるの?
2)手続きなどは代行してくれるの?
3)お墓はあるけど使ってないから誰かに売りたい。

1)いくらかかる?
このご質問がおそらく一番多いでしょう。
見当もつかないからとお問い合わせいただくことがあります。

墓じまいにかかる費用については大きく2つ。
・今あるお墓の撤去費用
・収めてある遺骨の移転先の購入費

お墓の撤去費用は、お墓の立地条件、広さなどによって費用が変わります。
1畳分の広さで大体20万ほどといわれておりますが、墓所の状況によっては概算以上にかかる場合もあれば、そうでないケースもあります。
そのため見積もりを取る以外にお客様の墓じまいの金額を知る方法はない、と思っていただければよいかと思われます。
お墓を建てた石材店が分かれば、そこへお見積もりをお願いするのがいいでしょう。

さらに、遺骨の移転先に関してはそれぞれ値段設定や条件があるため、一概にいくらとお答えでできません。
遺骨の数、予算などに見合った場所を探すことになるでしょう。
今お墓があるところに永代供養墓を設けている所も少なくありません。
永代供養墓の有り無し、費用等、管理事務所などに確認しておくと、それ以外の場所を探す場合の目安となるでしょう。

移転先をお探しの場合は、もしもドットネットでご紹介も可能です。

2)手続きの代行は?
お墓の撤去工事の一環や、移転先契約時に石材店が代行してくれるケースがあります。
工事契約をされる際に相談してみてはいかがでしょうか。

最近では手続き代行を謳う会社もあるようです。
どうしても自分ではできない場合、石材店に依頼できない場合は、そういった会社の利用を検討されてもよいかもしれません。

3)お墓はあるけど使ってないから誰かに売りたい。
基本的に不要なお墓を売る、ということはできません。
墓地の永代使用権の契約を交わすときの契約書にはたいてい「永代使用権を第3者に譲渡、転売することを禁止する」という文言があります。
そもそもお寺の墓所や霊園の場合は、永代使用料という形で、墓所を使用する権利を購入しています。
不動産とは違い、その土地を取得しているわけではなく、お金を払い、土地を借りている状態です。
そのため、売却や転売などはできない、というのが結論となります。

例外として自分の土地に昔からお墓がある場合、その土地に関しては都道府県へ届け出たうえで地目変更をしたうえで土地を売ることはできます。

墓石に関しては、そもそもお墓を中古で買う方がいないため、売ることもできないのが現状です。

お墓じまいに関する疑問がすこしでも解消されたでしょうか。
今回の内容の参考となるコラムがございますので、参考にご覧ください。

参考コラム

墓所と石材店の関係
https://www.mosimo.net/blog/butsuji/2023/05/13/0513.html

墓じまいに関する正しい知識を。(その1)
https://www.mosimo.net/blog/butsuji/2023/11/18/1118.html

墓じまいに関する正しい知識を。(その2)
https://www.mosimo.net/blog/butsuji/2023/11/25/1125.html

お墓と税金の話
https://www.mosimo.net/blog/butsuji/2023/02/18/0218.html

もしもドットネット コラムスタッフPROFILE

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

コラムスタッフ

2024年