霊園・仏事の知っ得コラム

もしもスタッフ連載

お墓の悩み...永代供養で解決!?

2020年02月29日

最近は、「子供はいるけど先祖のお墓を継がせるのは子供の負担になるから...」という理由で自分の代で先祖の墓を整理してしまいたいとお考えの方からのご相談が増えています。

昭和の時代は、亡くなった後のことは家族や子供に任せておけばよい、お墓は代々受け継がれるものだからという考え方で、お墓で悩むことはあまりありませんでした。
近年は、核家族化、少子化などで家族の形態や、ライフスタイルの変化などでお墓に対する
意識も変わってきており、先祖代々のお墓を継いでいくこと自体が難しくなってきているように感じます。

お墓の相談で特に多いのが、
「実家から離れて暮らしているので、郷里とは縁遠くなった」
「墓のことで子供に迷惑や負担をかけたくない」など、お墓の継承問題についてです。

そんな、お墓を承継する人がいない・子供はいるがお墓の維持管理などで負担をかけたくないと考えている人たちに注目されているのが『永代供養墓』です。
永代供養墓は、家族や親族に代わり、永代または一定期間、墓地の管理者が遺骨を管理、供養するというお墓です。
永代供養墓の形態は、納骨堂型、室内ロッカー型、樹木葬など種類もいろいろあり、遺骨の安置方法も個別や集合などさまざまです。

選び方のポイントとしては、永代にわたって管理・供養を依頼するお墓ですから、きちんと管理されていて、経営主体がしっかりしている墓地を選ぶことが大切です。
もしもドットネットでは、永代供養墓の資料を無料でお送りしております。ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

こちらもチェック♪コラム「永代供養の基礎知識」
unryuin.jpg

profile
高浜 加代子

正しいお墓の知識をもって適切なアドバイスを行なうスキルを証明する「お墓ディレクター」資格を保持。
数多くの霊園に実際に足を運び、霊園だけでなく周辺環境の様子など多角的なアドバイスを心がけながら電話やメールでのご相談にお答えしています。

高浜 加代子